OJerBlog
 

目次の構成を変更 2008/06/29

OJerBlogの目次の構成を変更した。旧ブログと同じように日付の逆順、つまり新しいほど上にくるようになおした。それと、旧Excite!ブログも年月単位で直接目次から飛べる。

見沼上流 2008年6月28日

昨日に比べると、すこし気温が上がった。今朝は、見沼上流といっても、いつものコースをすこし外して、あちらこちらと歩いてみた。

ハナゾノツクバネウツギ(アベリア)ヤブガラシ

ハナゾノツクバネウツギ 。この木が垣根として多く使われるようになったのは、いまから30年くらい前ではないだろうか。まだ、植物にそれほど興味はなかったと思うが、名前が面白くて記憶にある。衝羽を連想させる萼がそれ自体でまた花のようで楽しい。ありふれているし香りがいまいちなので人気はないようだが。

ヤブガラシ。これもドクダミ級の悪役だが、この花は好きだ。なんだか和菓子に掛けて食べてみたい。間違いなく不味いとは思うがね。

???アオイやハイビスカスの仲間 木本ボタンクサギの蕾 KPにて
マサキの花マサキの花を食うナメクジ 数匹いた
ヘクソカズラの花 今年はじめて船津家墓所

ヘクソカズラ。これも名前で損をしている。花もいいが実もいい。夏の間中楽しめる。

船津という家系は鳩ヶ谷に古いらしく、ここはその総本家墓所といった様子。法性寺の墓苑のなかにあったが、今朝、はじめて気づいた。墓の規模からすると、武家並みの格式だったか。

今朝の法性寺本堂
鳩ヶ谷八景 法性寺暮雪 一度見てみたいものだオモトの実

オモトは普通、葉も実もこんなにきれいにならない。ナメクジに食い荒らされてしまうからだ。これは法性寺の境内のものだが、相当薬を撒いているのだろう。

ネジバナ(モジズリ) 周囲はジャノヒゲジャノヒゲの花 すこし遅かったか

モジズリ。携帯のカメラでこの手の花を撮るのが一番むずかしい。普通に撮ればまず背景にピンがいってしまう。今回、焦点距離を固定してやっと本体が写っていた。ジャノヒゲは龍の髯ともいうが、まあ蛇でいいのではないか。そういえば子供のころ好きだった童話に『龍の目の涙』(広介童話)ってのがあった。

ノコギリソウ 今日はアカ
6/17と同じ桜町湧水地のベニコウホネ 若い花岩ではない ラクウショウの気根
ラクウショウラクウショウの葉 互生

ラクウショウ(落羽松)。じつはうっかりメタセコイアと思いこんでいた。今朝、気づけば池の周りにニョキニョキと気根が生えだしていた。“あれ、メタじゃなかったのか”と思って、確認のため葉をしっかり写しておいた。メタは対生、ラクウは互生。

タイマツバナ 3回目で一番よく撮れたツタとノウゼンカズラ
ツタとノウゼンカズラに埋もれる家 この家の主人と話してみたい
アーティチョーク 満開ナツメの花
アブチロン ホワイトキング我が家のニガウリ 開花第一号

昨日、アブチロンを載せた。ヒブリデューム、まあ英語風にいえばハイブリッドのホワイトキング。

  
   
現在の閲覧者数:
inserted by FC2 system