道草Web

江戸博の円山応挙展を見てきた。

ひとことでいうと、楽しい展覧会だった。久々に感想を書いてみたくなった。

円山応挙

応挙については日本画に真の写生を導入したとか、日本画の平面に三次元空間を表現する方法を確立したとか、近代日本画の父であるなど、いろいろな評価がある。いずれにしても、江戸後期の画壇で、それまでの日本画や中国画のいくつかの描画手法の流れが彼に収斂し、そこから新しい流れが発散していったような位置にあったひとらしい。

手がけたジャンルも幅広く、応挙に描けぬものなしと評される。写生画の祖といわれるのだから、彼の描いた障壁画の孔雀などの見事さはいうまでもない。孔雀の羽の微妙な曲面に、多彩に変化する色調を描ききっている。この細密描写へのこだわりは、同時代のオランダ室内画に匹敵する。ただ、一方は岩絵の具、他方は油絵の具で、技術的にははるかに日本画のほうが難しいような印象がある。

それと空間表現の現代性。というのは、絵画がしょせん平面的で、その制約のなかでの三次元の表現に新たな技法を彼が考案したことはもちろんなのだけれど、障壁画のように配置される空間全体を利用して、平面的な描写の連なりで広大な奥行きを感じさせる、いわば、現代的な空間プロデュスの感覚といったものが応挙のなかにはあったようだ。滝の掛け軸の裾を、手前に垂らして、奔出する川の流れに見立てるなども同様。

以上は、一応の定説に近いことで、解説や紹介文を追体験したようなものだけれど、応挙という美術的な事象を体験したあとで、何が残っているかというと、なんと無邪気で悪気のないひとなんだろう、の後味なのだ。例えば、トラはどう見ても三毛猫になってしまうし、龍は毛が三本の禿オヤジになってしまう。いや、表現技術の問題じゃありませんよ、あくまでも印象です。解説板には“真迫の”とか“鬼気迫る”って書いてあるんですけどね。その別の側面として、僭越ながら駄作と思えるものが山水画に散見されるのだが、そこになにかの“緩み”を感じてしまったことも事実。

ただ、あの多数ある狗図の子犬たちの可愛らしさは、どうか。無心に遊ぶ子らの球のような顔立ちはどうか。可愛らしいという言葉をこれ以上どう表現できるのかと感じ入ってしまう。現代若者言葉にいう“チョーかわゆい”のである。応挙の絵には、“悪”とか“邪”とか“毒”といったものが皆無(パトロンの依頼でそれらをテーマにした絵はありますがね)。きっとものすごーーくいい人だったんだ、と思ってしまう。同時代の友人で、住居も近く頻繁に行き来していたという蕪村とは、互いに敬意を抱いていたらしいが、例えば、蕪村の絵にある諧謔味は、蕪村の意識から出たものだと感じられるのだが、どうも応挙の場合は、それが見えない。構図や配色は写実を基本に、当然細心の注意を払ったのだろうが、その結果、そこはかとない滑稽さが現れるなどとは考えてもいなかったのではなかろうか(例えば、もろもろの龍の図)。

確かに、あの深い精神性にあふれた聖人を描いたミケランジェロ・メリジ・ダ・カラバッジョ(あのミケランジェロとは別人)が人殺しのならずものであり、レンブラントの先駆のごとき巧妙な光線の扱いで高貴な宗教画を描いたジョルジュ・ド・ラ・ツールが、因業で邪悪な嫌われ者だったという反例を挙げられても、絵画にあらわれるなにものかに、やはり人格が反映されると思いたい。応挙の場合、この印象は間違いではなく、彼に関するさまざまな文献がそれを証明しているという。例えば、あるパトロンは応挙について“その人たるも、温雅愛すべし”と評している。この展覧会は、ぜひ気心の知れた仲間と見たいものだ。そうでないと、見知らぬ人を掴まえて、あれこれ語ってしまいたくなることだろう。


現在の閲覧者数:
inserted by FC2 system