道草Web

双六谷遡行

梓年

1974年8月3日(土)〜8月9日(金)

黒部五郎―薬師岳―五色ヶ原―一乗越―黒部ダム

メンバー 大森、橋元

(現時点での後記: あの頃はまだそれほど山慣れていない。OJが30才、大森氏は辛うじて20代であった。二人ではじめての大きな山行だった。冠松次郎や遠山品右衛門などの伝説的な名前が、山岳誌の記事にしょっちゅう登場していた。“双六谷”という響きは、それだけに夢をかき立てるものがあった。

双六谷は、金木戸川の支流で、双六小屋の前の草原が源流になる。だが沢としては面白くないという。一般には、双六谷遡行というと、別の支流、三俣蓮華へ突き上げる九朗右衛門谷を意味する。それに、何たって“冠 松次郎の双六谷”である。金木戸谷なんて、変な名前じゃカッコが着かない(最近の地図では下流は双六川になっている)。

われわれは、夜行の寝台車で上野を出発した。といっても、切符があるわけではなく、勝手に寝台車に潜り込んで座席の間で寝ていた。当然、車掌が来て注意をされたが、車輌はがら空きで席が空いているのは明白。大分、待たされたが、結局は、切符を買って寝台席が決まった。それから安心して宴会が始まって、たしか翌日は二日酔いで頭痛がひどかった記憶 がある。どうやって、双六谷の入口へアプローチしたか、いまは定かでない。なにしろ、余分な食料と酒を山のようにザックに押し込み、よたよたの状態で沢に入った。最初の薮のへつりではザックに引かれて落ちそうになった。食料は、相当量が残ったはずである。たしか、1キロほどのベーコンのブロックはついに最後まで手を付けなかったのではか ったか。

なにはともあれ、われながら悪筆の手帳のメモをもとに、双六紀行を復元してみた。それにしても、文章が稚拙で汗顔しきり。)

8月4日(日)

広河原林道分岐 8:15〜9:40(朝食と仮眠)

小倉谷出合 11:00〜12:00

一泊目 15:30

(後記:単調な河原歩きだったか、通過点を記するだけで、初日はほとんどメモがない。)

双六谷の入口

さて、この先どうなることか

初日の幕営地にて おれは火付け泥棒の末裔だ、この谷は薪にことかかない

河原は狭く、焚き火でテントが焦げそう

8月5日(月)

出発 7:00

打込谷 10:15〜10:35

日景十根の上の河原 11:30〜13:00(昼食)

二泊目 17:00

出発後15分ほどで、沢は完全な廊下状になる。右岸を巻くが、この高巻は150mほど追い上げられ、かなり厳しい。岩屏風の上部を迂回するようにして濃い薮を漕ぐ。途中、10mほど赤土のむきだしの斜面があり、一本立てる(後記:このときだったか、おびただしい数のトンボが双六谷の上空を埋め尽くしていた。あれほどの数のトンボはあれ以来見たことがない)。そこからさらに高巻くと明瞭な踏み跡が現れるが、それも小尾根をひとつ越えると曖昧になる。やがて、笹藪の斜面になり、そこをトラバース気味に漕ぐ。眼下に小さな河原が見えてきたので、その河原を目指して降り立つ。約2時間に及ぶ高巻であった。打込谷の出合の少し前から、巨大な岩が多くなってくる。打込谷から本流を左に取る。すぐに大きな滝があり、この辺りから沢は核心部に入る。日景十根をすぎたあたりはやや広い河原があり昼食とする。

沢登りにこの大荷物 なんたって後半の縱走用に山靴も入っていた

この日、昼過ぎ初めて正面に双六の姿を見る

おもに右岸をたどって遡行するが、やがて岩の表を流れる小さな沢を越えた直後、小さな瀞が現れてストップをかけられる。深くて渡渉はできないので、左岸を高巻くが、それが終わると、また次の瀞が行く手をはばんでいる。やむをえず、急な薮を高巻いた。ほぼ登り切ったかと思われた辺りで、岩壁に完全に行く手をさえぎられる。その下手に小さな沢が滝をなしていたので、そこを下る。ここで渡渉すると、あとはなんなく進めた。途中で、30分ほど雨宿りをしたが、やがてセンズ谷の一本手前の沢が右岸から流れ込む辺りの対岸で本日の打ち止めとする。

8月6日(火)

出発 7:55

下抜戸沢 9:30

金ちぢみの悪場 12:00

三俣蓮華の隣に黒部五郎をはじめて遠望 12:30

双六谷分岐(これより蓮華谷) 12:50〜1:10

九朗右衛門谷出合(蓮華谷分岐) 2:10〜2:30

三泊目(九朗右衛門谷河床) 5:15

(後記:大半は、広い河原を、ときどき渡渉を繰り返しながら、ときには巨岩に這い登りながらの行程だったと思う。難関は、この日最後の、本流から九朗右衛門谷への入口だった。メモもそこしか書いてない。九朗右衛門谷の出合は、滝になっていてすんなりは入れず、蓮華谷へ入り込んで草付きを高巻いて入ったのだが、そのときのルートファインディングで大分冷や汗をかいた。)

九朗右衛門谷は入口が滝で、この右を大巻する

九朗右衛門谷の出合をやり過ごして、しばらく蓮華谷を登ったところで、右岸からほんの凹みほどの枯沢が入っていたが、これは小さすぎるしやや急だったので、さらに先に進む。やがて雪渓の名残があって、ややゆくと谷は急に狭くなって数段の滝を懸けている。最奥の滝が難しそうだったのでためらったが、やってみることにした。これが大失敗で、滝壺の右手を高巻くつもりで、ザックを下ろしてザイルを担いで岩を登ったのはいいが、上部は逆層で確保しようにもスタンスがない。これ以上は、三道具がないとやれそうにない。どうやら、先ほどの枯沢が本命だったらしいと気付いた。下降も難しかったので、やむをえず下流にトラバースして、下の大森と連絡してザックを一旦吊り上げ、また下手へ下ろした。そして、自分も下りて辛うじて窮地を脱した(4:00)(後記:何をしてるんだか、今となってはよくわからない?)。

とって返して一休みしてから枯沢に取り付いたが、これが結構面倒で、ルートを誤ったかと思った。一歩滑ると、眼下の蓮華谷までまっさかさまである。ようやく急斜面を抜けると、今度は笹の薮こぎが待っていた。左上へ向かってトラバースすると、また枯沢が一本あって、そこから獣道が延びていた。シカの糞があちこちに山をなしていた。獣道にそって下り気味に進むと、またまた枯沢が現れる。この枯沢に沿って松の根だらけの尾根をよじる。5:00になったので、なにはともあれ一休みすることにした。ここで地図を出してみたが、間違っているようには思えない。ふと見ると、この枯沢の先に大きなガレがある。空身でそのガレまで下り、そこからさらにトラバースしてやっと沢筋を見いだすことができた。やれやれである(後記:どうも描写があいまいで申し訳ない。本人にもようわからん)。

ようよう九朗右衛門谷の河床にたどり着き。やれやれである。

九朗右衛門の幕営地。疲れて顔がむくんでいる。

ええっ、そんなことないって。いや、今と比べてはいけない。
 

8月7日(水)

出発 6:00

黒部乗越(黒部五郎小屋泊) 12:00

( 後記:ここからさきは、時刻だけしかメモしてない。思い出せる範囲で記してみよう。)

幕営地を出発

 

九朗右衛門谷は、滑滝の連続でさして難しかった記憶はない。ただ、終着が黒部五郎の小屋の天場へ出るので、沢の最後がキジ場と化していたのが残念だった。

当然幕営の予定だったが、小屋を目の当たりにしてみるとその気が失せ、小屋泊まり。それも食事付きにして、おかずが小屋の周囲で採取したと思われる葉っぱの天ぷらだったように憶えている。今では考えられないが、この季節で宿泊客はほんの数人程度だったと思う。 われわれしかいない二階で、二人して双六谷遡行の記録を声に出して、誇らしげに確認しあった。


8月8日(木)

出発 5:00

11:00 太郎兵衛平

3:00 薬師小屋泊

実は、同じ小屋に単独行の女性がいたらしい。そのときは気付かなかった。そのあとの、裏銀座の長いコースを、その女性と抜きつ抜かれつする間に、いつか話をするようになった。彼女は、東芝府中工場に勤めているとのことで、どこかの山岳会に属しているようだった。ずいぶん自慢げに記録を付けてたね、と彼女に皮肉られたものだ。 階下でもよく聞こえたのだろう。

黒部五郎のカールにて
 

黒部五郎のカールから見る槍方面

同じく薬師方向

太郎兵衛平では大休止のはずだが、それにしても薬師小屋3時とはずいぶんノンビリだった。

8月9日(金)

出発 5:00

五色ヶ原幕営 15:30

早朝に出発し、歩いているうちにご来光があった。縦走路を歩いていて、ご来光など、このときがはじめてかもしれない。まあ、そのあともめったにないが。

薬師岳山頂にて

五色ヶ原より来し方を望む。左に長く裾野を引く黒部五郎。双六谷はその向側の山裾を流れる

幕営した五色ヶ原は、荒れ果た裸地と化していた。ここで、例の彼女と、周辺にいた単独行の二人が集まってきて、わいわいと話していたのが、この写真である。

五色ヶ原の天場にて、なんだかみんな楽しそう

 8月10日(土)

出発 6:00黒部ダム 12:40

あとは、記録も記憶もない。では、この辺で。


現在の閲覧者数:
inserted by FC2 system